ナチュラルハーブカラーとは

ヘアカラーの現在の需要をご存じですか?

ファッションカラーの需要が全体のわずか20%なのに対して、
グレーカラーの需要は全体の80%を占めています。
また出荷量に関しては
美容業界のヘアカラーの出荷数は年々下がってきているにもかかわらず
一般市場のホームカラーの出荷数は上がってきているのです。
つまり、現在は、白髪染めがメインので、多くの方が家で自身で染めているのです。


ヘアカラーの現在の需要グラフ

ナチュラルハーブカラーイメージ画像


ホームカラーとの差別化

多くの方が家で自身で染めているという今、お客様を獲得するには、
ホームカラーとの差別化が必要です。
ナチュラルハーブカラーはホームカラーと比べて以下の点に優れています。

ハリコシ、ボリュームUP。お客様の髪の毛がしっかりします
ハーブの効果でトリートメントしたようにツヤツヤ
頭皮のアンチエイジング効果
アロマの香りで付加価値UP
アルカリカラーとの併用でもダメージを抑える

ナチュラルハーブカラーイメージ画像

ナチュラルハーブアロマイメージ画像

ヘアカラーの3大問題を解決します。

白髪染めがメインのこの時代。
ダメージのない、髪も頭皮も傷まないカラーをお客様は望んでいます。
ナチュラルハーブカラーはヘアカラーの3大問題を解決します。
定期的に染める方にやさしいカラーです。



    「刺激が強い」   「しみにくい、かゆくなりにくい
    「褪色が早い」   髪も頭皮も傷めにくい
    「傷む・・・」   色持ちが良い

ナチュラルハーブアロマイメージ画像

ナチュラルハーブカラーイメージ画像

将来の髪が心配なお客様が今後長く続けられる
医薬部外品として認可された新自然派染毛剤です。

ナチュラルハーブカラーの8つの特徴

1

90%以上が天然成分

ナチュラルハーブカラーイメージ画像

seibun.jpg

2炎症を抑える
漢方薬配合

3頭皮の血行促進・
アンチエイジング効果

4痛んだ毛髪を
植物性アミノ酸が補修

5

6

植物成分で艶が出ます

医薬部外品

7防腐剤・着色料・
界面活性剤など不使用

8毛穴が綺麗になり、
ハリ・コシが生まれる

※ジアミンアレルギーの方のご使用はできません。また、ご使用になる前には必ずパッチテストを行ってください。

ナチュラルハーブアロマ

ヘアカラー剤の調合に使用する『ナチュラルハーブアロマ』は、5つの香りからお客さまが好きなものを選べることが特徴です。
『ナチュラルハーブカラー』と『ナチュラルハーブアロマ』をお客さまの横で調合し、カラーリングタイムにハーブの香りをお楽しみいただけます。

Display.jpg

■ ナチュラルハーブカラーに使われている主なハーブ

カモミールカモミール
「ハーブの女王」として名高い、古代エジプト時代より美肌剤として使用。アズレン・フラボノイドなどを含む。


カキハ【柿葉】カキハ【柿葉】
ハリコシつや・育毛効果
ビタミンC・フラボノイド配糖体のアストラガリン・ミリシトリン・カロチン・パントテン酸・タンニンが含まれる。

ローズマリーローズマリー
頭皮活性化
ビタミンC・フラボノイド配糖体のアストラガリン・ミリシトリン・カロチン・パントテン酸・タンニンが含まれる。

甘草【カンゾウ】甘草【カンゾウ】
頭皮活性化
カルシウム塩とカリウム塩からなる甘味成分・ブドウ糖・マンニトール・リンゴ酸・L-アスパラギンなどを含む。

セージセージ
ハリコシつや・育毛効果
強い抗酸化作用、抗菌作用のあるハーブ。カンファー・シネオール・ボルネオール・ツヨシ等が含まれる。